dapoerpane路地裏ミルクバー

穀物粉とスパイスの日常開扉

新居の裏庭にて事始めはブルーベリー

f:id:ricohoney:20180423041724j:plain

 

 

前庭も裏庭も、日陰になる時間帯が長いところでは雪が氷と化してまだ残っている。だけどすっかり暖かくなってからなんて言っていたら、この地の短い夏はあっという間に終わってしまう。

短いくせに猛烈に激烈に厳しい暑さだから、せっかく芽が出て葉が開きかけた植物のほとんどは伸びる前に死に絶えていく。

それでも僅かに生き残ってやっと暑さに慣れて、これから伸びのび育とうかという頃には夏は無情にも終わってゆく。ならばいつどうやって育って収穫できるのさ!はまったくの運任せだから、資金を投じた種や苗から得る物は無し、という事態は大いに有りうる。

でもいいさ、農業を生業としているわけじゃないから、収穫が僅かでも、まったく無くても。育てる作業を懸命にやった夏、そう思いたいがゆえにそうして満足したいがゆえに、ただひたすら労力を使い果たしてもね。

それは真剣になれる贅沢な遊びでしょ。それじゃぁ早速だ、裏庭へ出よう。買ってきたブルーベリー3苗を新居の裏庭に植えてくるわ。